当院のがん化学療法レジメン

当院のがん化学療法レジメン

レジメンとは

がん薬物療法における抗がん薬、 輸液、 支持療法薬等を組み合わせた時系列的な治療計画をいいます。
抗がん薬の投与量、投与スケジュール、 治療期間等が記載された治療計画書になります。

レジメンを運用する目的

がん薬物療法は、抗がん薬の治療効果と安全性を高めるために、投与量、投与経路、投与順序、 投与期間、休薬期間、 併用薬等が厳密に規定されています。
抗がん薬は一般薬と比べ、 わずかな投与量の違いによっても重篤な副作用を発現する可能性が高く、 副作用を回避するための様々な支持療法薬が併用されるため、 投与方法がさらに複雑化しています。 薬剤部では、がん薬物療法の標準化や医療安全の確保、業務の効率性を考慮し、 エビデンスを基に必要なレジメンの整備、支持療法、輸液の設定等を協議し、 院内の外来化学療法委員会の承認を経て、 抗がん薬を適正に使用するためのレジメンを管理、運用しています。

保険薬局の方へ

このページでは院内の 「外来化学療法委員会」 で承認されたレジメンを医療関係者を対象に公開しています。 患者さまの指導にご活用ください。

お問い合わせは
茅ヶ崎徳洲会病院(代表番号) 0467-58-1311 (薬剤部)
受付時間 平日 13:00~17:00

当院登録のレジメン

留意点:更新タイミングの関係で、リンク先レジメン内容と当院の登録レジメンとで相違が生じる場合がございます。

医療法人徳洲会 茅ヶ崎徳洲会病院 令和4年度がん薬物療法研修会のお知らせ
対象 茅ヶ崎地区の保険薬局に勤務する薬剤師
日時 令和4年11月8日(火)19:30~20:30
場所 茅ヶ崎徳洲会病院 中会議室
(当薬局までお越しください。ご案内します。)
演題 「当院における連携充実への取り組みについて」
「大腸癌 術後補助化学療法について」
演者 薬剤部 副薬局長 久保田 勲
参加費用 無料(事前申込制)
問合せ先 茅ヶ崎徳洲会病院(代)0467-58-1311