茅ヶ崎徳洲会病院

Now Loading...

診療科紹介診療科紹介

乳腺撮影(マンモグラフィー)

マンモグラフィーについて

マンモグラフィーは乳がんの初期症状である石灰化や腫瘤などを発見できます。とても小さな石灰化を映し出すことができて微細な変化をとらえることができます。

SIEMENS社 MAMMOMAT Inspiration
圧迫して撮影

撮影は乳房を圧迫板ではさみこんで行います。その理由は、乳房は厚みがあり乳腺や脂肪、血管などが重なり病気があっても映し出されないことがあるためです。
しかし若年の方、授乳中の方、術後の方は乳腺の濃度が高く異常が分かりずらい場合もあります。

乳房を圧迫板ではさみこんで撮影

3Dマンモグラフィー
Digital Tomosynthesis(デジタルトモシンセシス)

トモシンセシス とは?

Tomography(断層)とSynthesis(統一、合成)という意味の言葉を組み合わせた新しい撮影技術です。X線管球が自動で動きながら撮影を行い、1ミリ間隔で画像が確認できるため、通常に比べてより詳しく検査ができます。

Digital Tomosynthesis(デジタルトモシンセシス)
検査のメリット
  • 断層撮影なので従来よりも圧迫による痛みが少なくなりました。
  • 日本人女性の乳房は高濃度乳腺が多く、従来の画像では乳腺内に隠れて見えなかった病変が、この撮影法で確認することができます。また、腫瘤の辺縁、など確認も容易に行えます。
Digital Tomosynthesis(デジタルトモシンセシス)で撮影した写真
トップ診療科紹介放射線科乳腺撮影(マンモグラフィー)