茅ヶ崎徳洲会病院

Now Loading...

診療科紹介診療科紹介

看護部

ご挨拶

分娩

こんにちは、茅ヶ崎徳洲会病院 看護部長の永渕(ながふち)です。2年半前に旧茅ヶ崎徳洲会病院は隣の辻堂に419床のベッド数をもって移転しました。新しい茅ヶ崎徳洲会病院は132床(内科・外科・産婦人科合わせて)でオープンしました。2025年問題の対応も考えて高齢者に優しい病院作りを目指します。前病院の暗いイメージの待合室を払拭し、明るい光が差し込んでくる広い待合スペースは患者様が気持ちよく過ごしていただく為につくりました。
教育に関しては模索していたラダー図も完成し徳洲会イズム・理念も含め、看護師たちと共に風通しのよい新しい茅ヶ崎徳洲会病院を創り上げていく所存です。江の島、えぼし岩を始め海一面が見えるオーシャンビューで昼食(250円)が食べられます。また、8月1日には4東病棟から切り離し、産婦人科病棟が単独で15床オープンします。自然分娩中心で行っていきますが婦人科のオペも行っています。興味のある助産師、看護師の方は是非1度見学にいらして下さい。職員皆でお待ちしています。

人との出会いと同じように看護にも出会いがあります。さまざまな状況の中からこれが看護だと思える経験を大切にしていきましょう。看護部教育は、看護の魅力に自ら気づき、成長していくよう支援しています。

  1. 教育の目的
    1.人間性豊かな感性を育んでいきます。
    2.時代の変化に対応し主体的学習できるように支援します。
    3.自律した看護職員に成長できるように育成します。
  2. 教育の目標
    1.エビダンスに基づく臨床実践能力の向上を目指します。
    2.患者・家族に寄り添う看護が提供できる人材を育成します。
    3.多職種と医療チームの一員として連携を図り協働できるよう支援します。
  3. 看護部クリニカルラダー
    自己研鑽を支援して、教育システムの活用によって能力獲得の成果に結びつくように考えられています。

あなたが大切にしたい看護に出会い、看護を続けていけるように看護部教育はサポートいたします。

クリニカルラダー

詳細は以下のPDFをご覧ください。

看護部ラダー

茅ヶ崎お気に入りマップ

詳細は以下のPDFをご覧ください。

茅ヶ崎お気に入りマップ

先輩の紹介

5階東病棟 松村 美代子

5階東病棟は産婦人科です。当院は自然分娩を推奨しており、フリースタイルや、和室での家族の立ち会い分娩など、様々なかたちで妊婦様それぞれの希望に添ったお産を行うようにしています。 妊娠中から母乳育児への取り組みを行い、週数毎の母親学級と助産師による保健指導、産後の母乳外来、育児学級と、妊娠中から産後1年まで一貫して関わることにより、孤立した子育てにならないようなサポートも行っています。

4階東病棟 長谷川 佳子

4階東病棟は、内科系の39床の病棟です。患者さんも高齢者が多く慢性疾患中心になってきてはいますが、地域に密着した病院として訪問診療・看護にも力を入れています。私に出来る病棟としての役割もあると思いますので日々学習と経験を積み、やりがいを持ちながら楽しく働いています。地域に貢献出来るようにこれからも頑張っていきたいと思います。

4階西病棟 東 恵美

4階西病棟は、外科・整形外科の39床の病棟です。看護体制は固定チームナーシングで行っています。 手術・リハビリ・緩和ケアを中心に、看護ケア・多職種連携に力を注ぎ、毎日の看護師カンファレンス・多職種カンファレンスを行っています 。私は、看護師になってから5年間、他の病院に勤務していました。新たな環境で学びを深めたいと思い、今年の5月から茅ヶ崎徳洲会病院 で働き始めました。新しい病院ということと、地域に密着した病院というところに魅力を感じました。日々戸惑うこともありますが、今は新しい仲間や病院と共に、新鮮な気持ちで毎日看護について学んでいます。

透析センター 秋山 由紀

析センターは、15床で開設し、茅ヶ崎・寒川・藤沢周辺の外来・入院患者様を受け入れています。スタッフは、現在看護師4名、看護補助者1名、臨床工学技士5名(兼務)です。患者様は、6月末現在21名で、ご高齢の方が多く、周辺の介護事業所や栄養科等と連携をとりながら、よりよい透析生活を過ごして頂けるよう努めています。透析装置は、PC管理で体重計や血圧計と連携しており、自動返血も可能です。今秋には、オンラインHDFを稼働する予定で、長期透析患者様の合併症低減、QOL向上に貢献できればと考えています。

オペ室 吹井 杏子

術室は4室あり、現在2室で可動しています。ナース3人、中材スタッフ1名の4名で勤務しています。外科、整形外科、産婦人科があり、外科では開腹、鼡径ヘルニア、アッペ、VATS、ラパコレ等、整形外科では人工骨頭挿入や髄内釘などの骨折手術、産婦人科では卵巣嚢腫や子宮筋腫の開腹・内視鏡の手術や帝王切開のOPをしています。科・職種に関わらず、連携を取って患者様が手術を安全・安楽に受けられるよう努めています。

外来 吉川 瑞穂

ヶ崎徳洲会病院の正面玄関をはいると広いエントランスに明るい光が差し込んでいます。外来は1階と2階にあり、1階には小児科、外科、内科など8つの基本診療科があります。広い待ち合いは患者様が安心して移動ができてゆったり過ごしていただけます。2階には産婦人科外来、健診センター、内視鏡センターがあります。通院が難しい患者様には訪問診療も行っています。地域の方々が安心して受診できるように気配り心配り細やかな看護を心がけています。

ER 遠藤 留美子

ER(救急救命室)は、茅ヶ崎徳洲会総合病院の時代から「24時間オープン」を実践しています。救急車搬入の方だけではなく、歩いて受診される方も多く、トリアージ(緊急度判定)を行いながら対応しています。予測できないことも多く、常に緊張感がつきまといますが、医師はもちろん、ME、薬局、医事課など他職種の力を借りて頑張っています。スタッフはベテランが多いのですが皆、ポジティブにフレッシュな気持ちで和気藹々とやっています。

トップ診療科紹介看護部